AWS利用実態調査、管理/ガバナンスやセキュリティに取り組む企業が増加─クラスメソッド

クラスメソッドは2022年8月16日、AWS(Amazon Web Services)の利用状況を調査・分析した結果を発表した。2021年下半期のサービス分野別利用額ランキングは、前半期の結果同様、1位が「コンピューティング」、2位が「データベース」、3位が「ネットワーキングとコンテンツ配信」だった。6位にはAWSのコスト最適化やリスク管理などを目的とした「管理とガバナンス」が入り、AWSの活用が進み、管理に工夫を凝らしていることがうかがえる。

NEC、パーソナライズした操作ガイドをアプリケーション画面に表示する「Pendo」を販売

NECは2022年8月5日、アプリケーション定着化支援ソフトウェア「Pendo」(開発元:米Pendo.io/日本法人Pendo.io Japan)の販売を開始した。エンドユーザーの属性に合わせてガイダンスやメッセージをアプリケーション画面に表示するソフトウェアである。業務アプリケーションの使い勝手を高められる。同社はこのソフトウェア分野を「デジタルアダプション」と呼んでいる。

KPMG、「工場コンプライアンス対応支援サービス」を提供、予防から発見、対応、再発防止まで

KPMGコンサルティングは2022年8月3日、コンサルティングサービス「工場コンプライアンス対応支援サービス」を提供開始した。工場における各種のコンプライアンス対応について、予防から発見、危機発生時の対応、再発防止に至るまでを網羅的に支援する

日立、AI映像監視「Multifeature Video Search」で、異常行動や荷物の置き去り/持ち去りを検知可能に

日立製作所は2022年8月4日、AI映像監視・警備システム「Hitachi Multifeature Video Search(MVS)」に2つの機能を追加した。MVSは、AIを用いた映像解析によって、監視・警備業務を高度化するシステム。今回、人物の異常行動を発見する「行動検知機能」と、荷物と人物の所有関係を認識する「荷物置き去り/持ち去り検知機能」を追加した。

パーソルP&T、人事領域のBPRコンサルティングからERP導入まで支援する「人事DX推進サービス」

パーソルプロセス&テクノロジー(パーソルP&T)は2022年8月2日、コンサルティング/SIサービス「人事DX推進サービス」を提供開始した。人事領域のBPRやRPAによる業務自動化、HRテックなど人事・人材管理の業務プロセスを再構築するコンサルティングに加え、人事/ERPアプリケーションの選定・導入支援を行う

1 2 3 33