ガートナー、先進テクノロジーハイプサイクル2021年版を発表、25の注目技術が信頼/成長/変化のトレンドを形成

ガートナージャパンは2020年8月24日、米Gartnerが2019年8月23日に発表した「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。過度な期待のピーク期には、ブロックチェーンを用いた非代替性トークン(NFT)や分散型アイデンティティなど6項目をプロットしている。黎明期には量子ML(量子機械学習)やAI主導のイノベーションなどをプロットしている。総括として、2021年のハイプサイクルは「信頼の構築」、「成長の加速」、「変化の形成」の3つの包括的なトレンドに集約できる、としている。  

Source: ガートナー、先進テクノロジーハイプサイクル2021年版を発表、25の注目技術が信頼/成長/変化のトレンドを形成 | IT Leaders

米ガートナー(Gartner)が作成して公開している先進テクノロジのハイプサイクル(Emerging Technologies Hype Cycle)は、ビジネス戦略の担当者や研究開発のリーダーなどが先進テクノロジのポートフォリオを策定する際に考慮すべきテクノロジとトレンドとして、同社が業種横断的な視点から分析を行い作成したグラフである(図1)。図1:先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年(出典:ガートナージャパン、2021年8月)
拡大画像表示

図1:先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年(出典:ガートナージャパン、2021年8月)

 ハイプサイクルは、テクノロジの普及度やトレンド遷移を示すガートナー独自のグラフであり、テクノロジ普及のプロセスを、黎明期、過剰な期待のピーク期、幻滅期、啓蒙活動期、生産性の安定期の5段階に分け、それぞれのテクノロジをグラフ上にプロットする。今回発表したのは先進テクノロジ版であり、他の分野別ハイプサイクルよりも注目度が高い。

 先進テクノロジのハイプサイクル2021年版では、1500を超えるテクノロジを分析したうえで知見を抽出し、25の先進テクノロジおよび3つのトレンドとして簡潔にまとめ、提示している。今後5~10年にわたって高度な競争優位性をもたらす可能性が高い一連のテクノロジに注目している。

 2021年版の総括として、今回取り上げた25の先進テクノロジは、「信頼の構築」、「成長の加速」、「変化の形成」という3つの包括的なトレンドに集約できる、としている。

Leave a Reply