「Kerberoasting攻撃」が583%増、RMMツールの不正利用が3倍増–クラウドストライク調査

過去12カ月(2022年7月1日~2023年6月30日)に確認された世界的な傾向は、正規アカウントを悪用した対話型攻撃による侵入が62%増、クラウドインスタンスメタデータAPIを介して秘密鍵など認証関連データの収集を試みた攻撃は160%増、アイデンティティーを狙ったKerberoasting攻撃が583%増だった。

データセキュリティに取り組む上で大切なデータの現状–Rubrikが解説

クラウドデータ保護サービスのRubrikは、サイバーセキュリティにおけるデータ保護の重要性を提起している。同社のリサーチ部門「Zero Labs」で責任者を務めるSteve Stone氏が、データを取り巻く実態とセキュリティについて説明してくれた。

マクニカとメンロ、検知回避型脅威に対応するウェブセキュリティの新機能

マクニカと米Menlo Securityは6月28日、「HEAT」(Highly Evasive Adaptive Threat:検知回避型脅威)に対応するウェブセキュリティサービス「Menlo Security HEAT Shield」(HEAT Shield)を日本で提供すると発表した。今後3年間で100組織以上での導入を見込んでいる。

1 2