KPMG、データマネジメントの成熟度診断/ロードマップ策定コンサルティングを提供

KPMGコンサルティングは2022年9月21日、ITコンサルティングサービス「データマネジメント成熟度診断・ロードマップ策定支援サービス」を提供開始した。ユーザー企業のデータマネジメントの課題やレベルを可視化し、具体的なロードマップの策定を支援する。成熟度診断のためのフレームワークを用意しており、担当者へのインタビューまたはWebアンケートを介して診断を実施する。

屋内位置情報サービス「Beacapp HERE」とコミュニケーションツール「Teams」の融合がもたらす仕事革命

「チャットはどこからでもコンタクトしてコミュニケーションを取るには非常に便利ですが、直接会いたい、近くにいる人に伝えたいというとき、画面からでは相手がどこにいるのかが分からず、確認に手間取ることがあります。

二極化するコロナネイティブ就活生–企業の争奪戦が始まった「優秀層」獲得の秘訣とは?

新卒採用のサマーシーズンが終わった今、企業が優秀な学生を確実に採用するためには、どのような対応を取るべきでしょうか?秋冬の就活戦線に向けて、コロナネイティブ学生の就活傾向と企業の対応について、Google人事部で新卒採用を担当していた草深生馬氏(くさぶか・いくま/現RECCOO CHRO)が解説します。

今までになかった“買い切り型”のクラウドストレージ ユーザーに寄り添った「pCloud」の魅力を徹底解説

GoogleドライブやDropbox、Microsoft OneDriveなど、さまざまなクラウドストレージサービスが市場に出回っている中、他社製品とは一線を画すユニークな特徴を持った「pCloud」(ピークラウド)が徐々に人気を博している。本稿では、群雄割拠のクラウドストレージサービス界で新風を巻き起こすpCloudについて迫った。

8割の企業で、過去1年以内に深刻なセキュリティインシデントが発生

Snykは、クラウドセキュリティの現状レポート「State of Cloud Security Report」を公開した。これによると、調査対象の80%の企業が過去1年間に少なくとも1件の深刻なクラウドセキュリティインシデント(データ侵害、データ漏洩、環境への侵入など)を経験していることが分かった。

1 2 3 172