常盤橋工事現場で無線LAN、戸田建設がA棟38階まで単管パイプを「導波管」に

戸田建設は古野電気、PicoCELAと共同で、建設現場で広く無線LANを使えるシステムを開発した。利用場面を見たいと依頼すると、指定された場所は東京駅に近い「常盤橋タワー」の工事現場だった。話題のスポットにいち早く足を踏み入れた。

Source: 常盤橋工事現場で無線LAN、戸田建設がA棟38階まで単管パイプを「導波管」に

Leave a Reply