NEC、車載カメラの伝送データ量を抑制する「学習型メディア送信制御技術」を開発、2021年度に商用化

NECは2021年1月8日、車載カメラの映像データのうち、信号機などの注目領域以外の画質を低くして送信データ量を削減する技術「学習型メディア送信制御技術」を開発したと発表した。危険予兆検知に必要な物体検出、距離推定、レーン検出などの精度を維持しつつ、無線通信帯域を最大で10分の1に削減できる。これにより、走行環境の異常や運転手・乗客の状況をリアルタイムに検知するなど、遠隔見守りを高度化できる。同年度中に、同技術を採用したサービス「車外・車室内状況見守りソリューション」を商用化する。

Source: NEC、車載カメラの伝送データ量を抑制する「学習型メディア送信制御技術」を開発、2021年度に商用化 | IT Leaders

Leave a Reply