日本マイクロソフト、「データ分析内製化支援プログラム」を提供、パートナー6社と連携

[ 新製品・サービス ] 日本マイクロソフト、データ分析の内製化を支援するプログラムを開始、パートナ6社と連携 2021年8月23日(月) 日川 佳三(IT Leaders編集部) 日本マイクロソフトは2021年8月23日、「データ分析内製化支援プログラム」を開始することをブログで公開した。データ分析の内製化を支援する4つのプログラムを用意した。コンサルティングなどを担うパートナ企業6社と連携して提供する。  

Source: 日本マイクロソフト、「データ分析内製化支援プログラム」を提供、パートナー6社と連携 | IT Leaders

データ分析内製化支援プログラムは、データ分析の内製化を支援するプログラムである(図1)。3日間でデータ処理の基礎を体感できるプログラムや、実際にユーザー自身のデータを使って本番環境を見据えた形で体験できるプログラムなど、4つのプログラムを用意した。図1:データ分析内製化支援プログラムの概要。4つのプログラムで構成する(出典:日本マイクロソフト)
拡大画像表示

図1:データ分析内製化支援プログラムの概要。4つのプログラムで構成する(出典:日本マイクロソフト)

 (1)「OpenHack for Data」は、3日間で分析基盤とデータ処理の基礎を体験できるプログラムである。自社データを準備することなく利用できる。日本マイクロソフトが提供するサンプルデータとAzure Synapse Analyticsを使って、与えられたテーマと題に対してユーザー自身でアーキテクチャ設計や分析業務を実施する。

 同プログラムに参加することで、データ分析基盤を自ら構築するスキルと、必要最低限のデータ加工・分析を行うスキルを、短期間で向上できるとしている。初回の開催テーマは「Modern Data Warehousing」で、2021年9月6日(月)~9月8日(水)の開催を予定している。

ユーザーの実データを使ってデータ分析を体験

 (2)「Azure Light-up for Data」と(3)「Data Hack」の2つのプログラムは、実際にユーザー自身のデータを使って、本番環境を見据えた形で分析業務を体験できるメニューである。

 (2)のAzure Light-up for Dataは、パートナ企業が主体となり、1週間程度の短期間で実施する(図2)。まず、データ分析の対象となる事業ドメインとゴールを設定する。この上で、ユーザーと並走する形で、データ処理、加工、分析作業、ダッシュボード構築まで実施する。アプリケーション開発の内製化で実績があるコンセプトをデータ分析領域にも適用したメニューである。図2:Azure Light-up for Dataの概要(出典:日本マイクロソフト)
拡大画像表示

図2:Azure Light-up for Dataの概要(出典:日本マイクロソフト)

 既に、データ分析を内製化した事例が出てきている。JFEエンジニアリングである。温度、pH、圧力などプラントのデータを解析するシステム「Pla’cello」の性能改善にAzure Light-upを活用した。数日間のハッカソンでAzure Cosmos DBなどPaaSベースのデータ基盤を構築した。プロトタイプを高速に作りながら本番環境に耐えられるようチューニングを行い、今では実運用している。

 (3)のDate Hackは、日本マイクロソフトのエンジニアがデータ分析・機械学習プロジェクトの導入フェーズに参画する(図3)。ユーザーの業務課題に合わせて分析テーマを定義し、ユーザーのデータを使って、データの加工、可視化、機械学習モデルの作成などを支援する。分析作業は日本マイクロソフトがすべて行うのではなく、原則ユーザー自身で分析できるように支援する。また、ユーザーの課題の内容や導入レベルに応じて支援内容の深度をカスタマイズして提供する。図3:Date Hackの概要(出典:日本マイクロソフト)
拡大画像表示

図3:Date Hackの概要(出典:日本マイクロソフト)

Leave a Reply