“説明可能なAI”を活用し、営業の提案内容を高度化─NTT東日本と日立が実証を開始

NTT東日本と日立製作所は2021年9月9日、予測根拠を説明できるAI技術(XAI: Explainable AI)を活用して営業活動における提案内容を高度化する実証を開始すると発表した。同年9月10日に開始する。企業情報と市場動向データをXAIで分析することによって、顧客の潜在ニーズを発掘する。  

Source: “説明可能なAI”を活用し、営業の提案内容を高度化─NTT東日本と日立が実証を開始 | IT Leaders

NTT東日本と日立製作所は、予測根拠を説明できるAI技術(XAI)を活用して営業活動における提案内容を高度化する実証を開始した(図1)。NTT東日本が持つ提案活動データ(商材情報、顧客訪問や電話応対履歴、成約/失注の取引履歴など)と、世の中のトレンドデータ(新聞記事などのキーワード出現日、出現回数増減など)を組み合わせ、XAIで分析する。こうして、顧客の潜在ニーズを発掘する。図1:XAIとトレンドデータを活用して提案活動を支援する仕組み(出典:NTT東日本、日立製作所)
拡大画像表示

図1:XAIとトレンドデータを活用して提案活動を支援する仕組み(出典:NTT東日本、日立製作所)

 開発した仕組みの特徴は、潜在ニーズや新しい兆候が分かることである。新聞記事などの外部データをトレンドデータとして活用することで、潜在ニーズや新しい兆候を早期に発見できる。課題やニーズが顕在化する前に、先手を打って提案できる。XAIによる予測根拠の説明を活用できるので、成功要因を説明できるとともに、打ち手案のシミュレーションができる。

 実証における2社の役割は、以下の通りである。NTT東日本は、実証実験の全体マネジメントを担うとともに、サンプルデータ(提案活動データ)などを提供する。日立製作所は、サンプルデータとトレンドデータの分析結果を分かりやすく説明する技術を開発するとともに、営業担当者とXAIが双方の仮説を意見交換しながら高度化していく協創型のプロセスを考案する。

 NTT東日本は、今回の検証結果に基づき、データ活用のアウトソーシングサービスなどを強化する。

Leave a Reply