日立ソリューションズ、各種データを仮想統合する「Denodo Platform」を販売

 日立ソリューションズは2021年9月15日、データ仮想化ミドルウェア「Denodo Platform」の取り扱いを開始すると発表した。同年9月16日から販売する。データベースやWebサービスなど各種のデータソースを仮想化し、データを利用しやすくするミドルウェアである。データソースからデータを複製することなく、生データのまま仮想化する。価格は、個別見積もり。開発会社は、米Denodo Technologies。  

Source: 日立ソリューションズ、各種データを仮想統合する「Denodo Platform」を販売 | IT Leaders

Denodo Platformは、データベースやクラウドサービス、CSVファイルなど、各種のデータソースを仮想化し、データを利用しやすくするミドルウェアである(関連記事データソースを仮想化するミドルウェア「Denodo Platform 8.0」、GraphGLでアクセス可能に)。データソースからデータを複製することなく、生データのまま仮想化する。仮想化したデータに対して、BI(ビジネスインテリジェンス)ソフトなどから各種のインタフェースでアクセスできる(図1)。図1:データを仮想的に統合するDenodo Platformの概要(出典:日立ソリューションズ)
拡大画像表示

図1:データを仮想的に統合するDenodo Platformの概要(出典:日立ソリューションズ)

 従来の物理的なデータ統合手法とは異なり、社内システムからクラウドサービスまで、企業に散在する多種多様なデータを、それぞれのデータソースに置いたまま仮想的なデータレイヤーに統合する。システム担当者は、データを加工する作業やコストを削減できる。利用するデータのアクセス統制ポリシーも一元的に管理できるので、データガバナンスを実現する仕組みとしても活用できる。

 機能は、(1)複数のデータソースに接続してデータを収集する機能、(2)収集するデータを結合し、任意の切り口でデータモデルを定義する機能、(3)SQLやREST APIなど各種のインタフェースでデータモデルにアクセスする機能、で構成する。データモデルの定義など、全操作をWeb上で行える。

 日立ソリューションズは、Denodo Platformのライセンス販売に加えて、導入から活用までをSIサービスとして支援する。トラブルが発生した際には1次窓口となり、日本語による問い合わせ対応やナレッジを提供する。また、他の商材と組み合わせることで、データアクセスの統制やデータの品質管理なども含めて支援する。

Leave a Reply