PwCら3社、サプライチェーン計画をAIで支援する需要予測/計画最適化アプリケーションを提供

PwCコンサルティングとPwCアドバイザリーは2023年2月13日、ALGO ARTISを含めた3者共同でAIを用いた需要予測と計画最適化のアプリケーションを提供すると発表した。3者がそれぞれ提供してきた製品を組み合わせて提供する。製造、エネルギ、小売、物流、運輸業などにおけるサプライチェーン上の計画業務を支援する。

 PwCコンサルティング、PwCアドバイザリー、ALGO ARTISの3者は、AIを用いた需要予測と計画最適化のアプリケーションを共同で提供する(図1)。3者がそれぞれ提供してきた製品を組み合わせて提供する。製造、エネルギ、小売、物流、運輸業などにおけるサプライチェーン上の計画業務を支援する。

図1:PwCコンサルティング、PwCアドバイザリー、ALGO ARTISの3者が共同で提供する、AIを用いた需要予測・計画最適化アプリケーションの概要(出典:PwCコンサルティング、PwCアドバイザリー)
拡大画像表示

PwCコンサルティングは、AI経営の推進に向けた構想と戦略の策定を支援し、需要予測アプリケーション「Multidimensional Demand Forecasting」(MDF)を開発して提供している。ALGO ARTISは、計画最適化アプリケーション「Optium」を開発して提供している。今回、この2つのアプリケーションを組み合わせた「予測・最適化ソリューションパッケージ」を提供する。

PwCアドバイザリーは、需要予測サービスを提供するほか、ALGO ARTISと共同で、事業計画、財務計画、生産・販売・調達などの計画策定の高度化を支援する。これにより、オペレーションの起点となる需要予測および予測に基づく運用計画の最適化を、包括的に、高精度かつ多面的に行えるようになる、としている。

なお、PwCコンサルティングはこれまで、AIを起点とするデータ活用を経営の中枢に取り入れる「AI経営」を提唱し、状況把握から意思決定・実行までを高速化することを支援してきた。需要予測においても、これまでのコンサルティングに加え、独自に開発したAIアルゴリズムを用いた需要予測アプリケーション(MDF)を提供してきた。

PwCアドバイザリーは、M&Aおよび事業再生において、AIやデータ分析を活用した価値創造を支援してきた。特に、M&A戦略、デューデリジェンス、投資後の価値創造における計画策定や実績モニタリングといった経営管理サイクルを高度化するサービスで実績を持っている。

ALGO ARTISは、現場の運用計画を独自のアルゴリズムによって最適化するAIサービス(Optium)を開発・提供してきた。生産や配船などの複雑な運用環境にも適応可能なアルゴリズムを用い、人による計画策定では難しい高度な最適化を実現するとしている。

https://it.impress.co.jp/articles/-/24442