クラウド経由で量子コンピュータが普通に使える時代はもうすぐ:IBMとMicrosoftが積極推進

IBMによると、2025年までには自然に使える量子コンピューティングが現実になるだろうという。同社は2021年中にオープンソースの量子コンピューティングフレームワーク「Qiskit」を拡張し、より多くの回路の処理能力を高め、他のユーザーが量子プログラムをサービスとして利用できるように量子プログラムを格納する機能を追加する計画を発表した。これにより、企業が量子コンピューティングをサービスとして利用できるようになる可能性がある。

https://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/2103/26/news02.html

Leave a Reply