データ接続ドライバ「CData Drivers」にSSH接続機能を追加、主要クラウドDBへの接続を容易に

CData Software Japanは2021年5月19日、各種のデータソースにODBC/JDBC/ADO .NETなど標準的なデータベースアクセス手段でアクセスできるうようにするデータ接続ドライバソフトウェア「CData Drivers」を強化し、ドライバ本体にSSHクライアント機能を追加した。AWS/Azure/Google Cloud上のデータベースに接続するためにクラウド上に用意したSSH踏み台サーバーに対して、ドライバ単体でSSH接続できるようになった

https://it.impress.co.jp/articles/-/21509

CData Driversは、アクセス手段やデータ形式が異なる様々なシステムに対して、リレーショナルデータベース(RDBMS)としてアクセスできるようにするドライバソフト群である。各種RDBMSのほか、Salesforce.comやDynamics CRMなどのクラウドサービス、NoSQLデータベース、XML/JSONファイルなど、各種データにODBC/JDBC/ADO .NETなど標準的なインタフェースでアクセスできるようにする。

 今回、AWS/Azure/Google Cloud上のデータベースに接続するための機能強化として、ドライバ本体にSSHクライアント機能を追加した(図1)。AWS/Azure/Google Cloud上のデータベースに接続するために用意するSSH踏み台サーバーに対して、ドライバ単体でSSH接続できるようになった。ドライバとSSH踏み台サーバー間のSSH接続を介して、クラウド上のデータベースにドライバからアクセスできるようになる。図1:AWS/Azure/Google Cloud上のデータベースに接続するための機能強化として、ドライバ本体にSSHクライアント機能を追加した。AWS/Azure/Google Cloud上のデータベースに接続するために用意するSSH踏み台サーバーに対して、ドライバ単体でSSH接続できる。ドライバとSSH踏み台サーバー間のSSH接続を介して、クラウド上のデータベースにアクセスできる(出典:CData Software Japan)
拡大画像表示

 背景には、セキュリティ上の理由から、クラウド上のデータベースにアクセスできるデータベースクライアントは、クラウド上のホストに限られるという事情がある。オンプレミス環境のデータベースドライバからクラウド上のデータベースに直接アクセスする使い方はできない。このため、一般的には、クラウド上の仮想サーバー上にSSH踏み台サーバーを、オンプレミス側にSSHクライアントを用意し、SSHポートフォワーディングを使ってデータベースクライアントからデータベースサーバーにアクセスする。

Advertisements

 今回、データ接続ドライバに、SSHクライアント機能を搭載した。別途SSHクライアントソフトウェアを用意することなく、ドライバ単体でSSH踏み台サーバーを介してクラウド上のデータベースサーバーにアクセスできるようになった。「CData Drivers for PostgreSQL」、「CData Drivers for MySQL」、「CData Drivers for SQL Server」の3製品にSSHクライアント機能を搭載した。

 簡単に設定できる(画面1)。ODBC接続の場合は、DSN設定画面のプロパティにSSHサーバーに接続するためのプロパティを入力する。JDBC接続とADO.NET接続の場合は、 接続文字列内にSSH接続情報を入力する。これにより、クラウド上のデータベースにアクセスできる。BI/ETLやカスタムアプリケーションから簡単にデータベースに接続できるようになる。画面1:ODBC接続の場合、DSN設定画面のプロパティにSSHサーバーに接続するためのプロパティを入力するだけでクラウド上のデータベースにアクセスできるようになる(出典:CData Software Japan)

Leave a Reply