キヤノンITS、需要予測ソリューション「FOREMAST Ver.3.3」–コーザルデータとAI技術で精度向上

 キヤノンITソリューションズは6月28日、需要予測・需給計画ソリューション「FOREMAST」について、新バージョンとなる「Ver.3.3」を7月1日から販売すると発表。気象などのコーザルデータとAI技術を用いて需要予測精度を向上させる機能や、在庫補充計算機能のバリエーションを追加したものという。

FOREMASTは、キヤノンITSが持つ数理技術や業務知識などのさまざまな知見に加え、AI活用技術などの研究成果を生かした需要予測・需給計画ソリューション。「在庫補充計画SIコア」、「需要予測SIコア」といった5つのSIコアから構成され、課題に合わせてSIコアとそれに付随する機能を選択し、組み合わせて導入することが可能となっている。

FOREMAST Ver3.3概要図

FOREMAST Ver3.3概要図

今回の新バージョンでは、コーザルデータとAI技術を用いて、実績や予測結果を補正することにより、需要予測精度をより向上させる機能を新たに追加。あわせて、コーザルデータを外部の情報配信サービスから受信し、FOREMASTで活用できるデータに変換・蓄積するコーザル情報収集機能の提供を開始。コーザル情報収集機能は、標準では汎用性の高い気象データに対応。利用ニーズに合わせて、その他のコーザルデータを追加することも可能としている。

そのほか、在庫補充量の計算時に補充元・補充先の在庫レベルを考慮して補充量を自動調整する機能や、計画調整画面の機能・性能向上など、複数の機能を追加、改善を行っているという。

https://japan.cnet.com/article/35189622/

Leave a Reply