みんなの銀行のシステムをベースとしたフルクラウド型銀行システム、外販を開始

みんなの銀行(福岡県福岡市)の基幹システムを開発・運営するゼロバンク・デザインファクトリーは、みんなの銀行のシステムをベースとしたフルクラウド型の銀行システムの販売を開始する。特徴の1つは、全ての銀行サービスをスマートフォン上で完結させられることである。アクセンチュアと共同開発した。みんなの銀行が2022年11月8日に発表した。

 みんなの銀行(福岡県福岡市)の基幹システムを開発・運営するゼロバンク・デザインファクトリーは、みんなの銀行のシステムをベースとしたフルクラウド型の銀行システムを販売する(図1)。国内外の金融機関および新たに銀行サービスの導入を目指す非金融事業者に向けて提供する。


図1:みんなの銀行のシステムをベースとしたフルクラウド型の銀行システムのアーキテクチャ(出典:)
拡大画像表示

特徴は、銀行システムをゼロから短期間でクラウド上に構築できることと、全ての銀行サービスをスマートフォン上で完結させられること。UIの使い勝手に注力しており、口座開設、預金、為替取引、ローンの借り入れなどをスムーズに行えるとしている。

また、入出金や利息・手数料計算などの勘定処理機能や、預金者の利用状況などをデータとして可視化する分析エンジンなどを組み込んでおり、顧客ごとにパーソナライズした提案が可能だとしている。

パブリッククラウドを利用することで、スケーラビリティ、耐障害性、柔軟性を担保した。この上に構築しているアプリケーションは、マイクロサービスとAPIによる疎結合な設計としたことで、機能の開発を容易にした。パイプラインや資産管理など、効率的にシステムを開発・運用するアセットも提供する。

なお、みんなの銀行は、インターネット専業銀行である(関連記事:ふくおかフィナンシャルグループのネット専業銀行「みんなの銀行」、Google Cloudで2020年度に操業)。システムは、ゼロバンク・デザインファクトリーとアクセンチュアが共同で開発した(関連記事アクセンチュア、基幹システムをクラウドネイティブで構築するための基盤を提供、勘定系で性能と可用性を検証)。

https://it.impress.co.jp/articles/-/24014

Leave a Reply