ファミマが5000店舗に人型AI「レイチェル」導入。店長の性格に合わせて業務をサポート

コンビニでは、商品の発注作業や売り上げの管理などの店長業務が発生します。しかし、こうした多岐にわたる業務を1人でこなすのは困難でしょう。

そんな中、クーガー株式会社(以下、クーガー)は、伊藤忠商事株式会社と株式会社ファミリーマート(以下、ファミリーマート)と連携して進めてきた開発を経て、ファミリーマートに人型AI「レイチェル」を提供。2023年度末までに約5,000店舗への導入を進める方針です。

人型AI「レイチェル」が店長業務をサポート

今回、クーガーがファミリーマートに提供する「レイチェル」は“人間のような直感的なコミュニケーション”と“人間では不可能な高度な検索や分析能力”をあわせ持った人型AIです。

ファミリーマート店長の特性や性格などに合わせた音声コミュニケーションを実現。店舗運営に必要な情報、発注のアドバイス、売場作りのポイントなど、店長が必要とする最適な情報を即座に提供し、多岐にわたる店長業務をサポートします。

同時に、スーパーバイザーによる店舗指導を行い、店舗運営力の向上に繋げるとのことです。

事務所だけでなく売場でも利用できる

レイチェルは、店舗に設置されたタブレット端末で稼働するため、事務所内での活用に加え、売場においても利用可能です。

レイチェルからの提供データを売場で確認し、商品の品揃えや売場作りに即時反映することができます。

人型AIプラットフォーム「LUDENS」

レイチェルは、クーガーの人型AIプラットフォーム「LUDENS」によって稼働しています。

LUDENSは、視覚や聴覚などの五感、記憶を伴う知能、多彩な感情をあわせ持つ人型AIプラットフォーム。画像認識や音声認識などの機械学習で状況を理解し、脳科学を組み合わせたゲームAIによって意思決定とコミュニケーションを行います。

また、“どういうデータでどのように学習されたAIなのか”を証明する「説明可能なAI(Explainable AI:XAI)」をブロックチェーンなどの技術によって実現しているとのことです。

https://techable.jp/archives/186939

Leave a Reply