アシスト、AWS上のシステムを診断して改善策をレポートする「AWS診断サービス」

[ 新製品・サービス ] アシスト、AWS上のシステムを診断して改善策をレポートする「AWS診断サービス」 2021年9月2日(木) 日川 佳三(IT Leaders編集部) アシストは2021年9月2日、「AWS診断サービス」の提供を開始した。AWSを利用しているユーザー企業を対象に、AWS上のシステムを診断・評価し、レポート形式で改善策を提案する。セキュリティの懸念や設計の不安を解消するのが狙い。価格は、要問い合わせ。診断結果に応じて改善を実施する各種SIサービスも提供する。  

Source: アシスト、AWS上のシステムを診断して改善策をレポートする「AWS診断サービス」 | IT Leaders

AWS診断サービスは、AWS上のシステムを診断・評価し、レポート形式で改善策を提案するサービスである。AWSを利用するユーザー企業が感じている、セキュリティなどに対する懸念や、設計の不安を解消する。

 評価項目は、(1)セキュリティ、(2)アーキテクチャ(システムの信頼性、運用性)、(3)コストパフォーマンス(パフォーマンス効率、コスト最適化)、の3つから選ぶ。選択した項目で診断サービスを開始し、最終的な改善提案までを実施する(図1)。図1:「AWS診断サービス」の流れ(出典:アシスト)
拡大画像表示

図1:「AWS診断サービス」の流れ(出典:アシスト)

 改善レポートのサンプルは、図2の通りである。課題、課題の重要度と解説、改善するメリット、具体的なアクション方法、などを提示する。図2:「AWS診断サービス」が出力する改善レポートのサンプル(出典:アシスト)
拡大画像表示

図2:「AWS診断サービス」が出力する改善レポートのサンプル(出典:アシスト)

 診断にあたっては、AWS(Amazon Web Services)が用意しているドキュメント「AWS Well-Architectedフレームワーク」を利用する。同ドキュメントは、運用効率、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コストの最適化、の5つの観点でベストプラクティスを整理している。

 ドキュメントでは、評価項目や質問がまとまっている。このフレームワークを利用することによって、適切なAWSシステムを設計できるようになる。運用に入ったシステムについても、継続的な改善ができる。

 なお、アシストは、改善策の提案だけでなく、診断結果に応じて改善策を実施するSIサービスもあわせて提供する。AWSシステムを対象としたSIサービスの例として、「AWSセキュリティ基本設定パック支援」、「AWS冗長ネットワーク構築支援」、「バックアップ設計支援」などがある。

Leave a Reply