ソフトバンク、スポーツのフォームなど改善する「AIスマートコーチ」–筑波大学が監修

ソフトバンクは3月31日、筑波大学と「日本の学校スポーツ改革」に関する連携協定を締結したと発表した。同日からソフトバンクが提供するスポーツ支援サービス「AIスマートコーチ」などを連携して提供する。

AIスマートコーチを発表するソフトバンクの榛葉氏AIスマートコーチを発表するソフトバンクの榛葉氏

AIスマートコーチは、学校スポーツ(部活動)やアマチュアアスリートに向けて開発したサービスで、「学ぶ」「比較する」「記録する」ことで、フォームのチェック、改善といったスポーツ技術の向上をサポートする。

例えば、筑波大学が監修するお手本動画を閲覧可能。解説ボタンを設けており、重要な場面では意識するポイントを文章で確認できる。

動画を閲覧しながら重要なポイントを確認できる動画を閲覧しながら重要なポイントを確認できる

自分を動画で撮影すれば、お手本動画と上下に並べたり重ねたりしての再生、骨格推定AI技術を活用した比較などが可能。動画へはマーカー、気付きのメモなども書き込めるという。

基礎となるプレーのスロー再生機能や、シーン別アドバイスなどで学べる練習メニュー、全種目に共通したフィジカルトレーニングの練習動画なども用意する。

いずれも利用料金は無料。また、有料のオンラインレッスンサービス「スマートコーチ」と連携し、元アスリートや専門コーチのオンライン遠隔指導も受けられる。

300人のコーチが登録している「スマートコーチ」300人のコーチが登録している「スマートコーチ」

リリース時点では、種目は野球、バスケットボール、ダンス、サッカー、機種は「iPhone 8」以降、第8世代以降の「iPad」、第5世代以降の「iPad mini」、第3世代以降の「iPad Air」に対応する。対応する種目、iPhoneやiPad以外の機種は、随時追加を検討していく予定だ。

3月31日には、ソフトバンク代表取締役 副社長執行役員 兼 COOの榛葉淳氏と、筑波大学で学長を務める永田恭介氏による連携協定式も実施。(1)スポーツDXを活用した学校スポーツの支援や、(2)スポーツを通じた学校・地域の発展および活性化、(3)行政との連携と情報発信の強化、などに関する協定を結んだ。

連携協定に署名した榛葉氏と永田氏連携協定に署名した榛葉氏と永田氏

署名にあたりソフトバンクの榛葉氏は、「学校スポーツには、色々な課題が包含している。先生方は放課後などの限られた時間、またこの(コロナ禍という)環境下で、自分の専門外のことなども生徒に教えていかなければいけない」と一例を挙げた。

ソフトバンクのテクノロジーとスポーツ教育をリードする筑波大学 アスレチックデパートメントを連携し、プレイヤー、指導者、地域のコミュニティなどに貢献したいと説明した。

連携の目的連携の目的

https://japan.cnet.com/article/35185821/

Leave a Reply