インサイトテクノロジー、データ活用支援ツールを「インサイトデータガバナー」として体系化

インサイトテクノロジーは2022年4月5日、データ活用支援ツール「インサイトデータガバナー(Insight Data Governor)」を発表した。企業に眠っているデータを活用するために必要な機能群を一通り提供する。具体的には、データのカタログ化、メタデータ解析、データアクセスの監査、データのマスキング、データベースのバージョンアップにともなうSQLの互換性評価、といった機能群を提供する。2022年10月の提供開始を予定する。これに先立ち、同年7月にβ版を提供する。

 インサイトデータガバナー(Insight Data Governor)は、企業に眠っているデータを活用するために必要な機能群を一通り提供するソフトウェアツールである。具体的には、(1)データのカタログ化、(2)メタデータ解析、(3)データアクセスの監査、(4)データのマスキング、(5)データベースのバージョンアップにともなうSQLの互換性評価、といった機能群を提供する(図1)。

図1:「インサイトデータガバナー」のロゴ(出典:インサイトテクノロジー)

図1:「インサイトデータガバナー」のロゴ(出典:インサイトテクノロジー)

(1)「Catalog」として、データをカタログ化する機能を提供する。各種データベース管理システム(DBMS)、各種データストア(CSV形式や、フリーテキスト形式など。非構造化データを含む)のデータをカタログ化して可視化する。

(2)「Metadata Management」として、各種メタデータを自動で解析する機能を提供する。データのビジネス的な意味合い、隠れた属性、隠れた結び付きを含めて可視化する。メタデータ同士の関連性も可視化する。データ分析時の判断やマスターデータ作成の効率化を支援する。

既存の3製品もインサイトデータガバナーの一機能に

(3)「Audit」として、データアクセスの監査機能を提供する。データストアへのアクセスログから、不正な操作を即座に発見する。システムに負荷をかけずに、不正行為の発見、情報流出経路の発見、被害状況の早期把握、などが可能である。Audit機能は、これまで同社が提供してきた「PISO」の機能を含む(関連記事データベース監査ソフト新版「PISO Version 5.1」、不要な監査ログを排除する機能を強化)。

(4)「Masking」として、データのマスキング機能を提供する。データに含まれる個人情報などの機密情報を自動で抽出し、個人情報の匿名化・仮名化や機密情報の秘匿化を実施する。本番と同等のデータを簡単に作成できるため、個⼈情報が漏洩するリスクを防ぎつつ、システム開発工数を削減可能である。Masking機能は、これまで同社が提供してきた「Insight Data Masking」の機能を含む(関連記事データ匿名化ツール「Insight Data Masking」新版、CRM対応履歴などテキストデータを匿名化)。

(5)「Migration」として、データベースのバージョンアップにともなうSQLの互換性評価機能を提供する。現行のデータベースで実行しているSQL文を収集し、新環境のデータベースでSQLの互換性や性能、クエリー結果の整合性を自動でテストする。新環境で利用可能なSQLと、改修すべきSQLを判別できる。Migration機能は、これまで同社が提供してきた「Insight Database Testing」の機能を含む(関連記事データベース移行テストツール「Insight Database Testing」新版、SQL非互換問題に対処)。

https://it.impress.co.jp/articles/-/22955

Leave a Reply