「Azure OpenAI Service」一般公開–「ChatGPT」も近く利用可能に

 Microsoftは米国時間1月16日、「Azure OpenAI Service」の一般提供を開始したと発表した。この製品は、「ChatGPT」の開発元であるOpenAIに対する同社の10億ドル(約1300億円)の投資と関連がある。

提供: Getty/damircudic

今回の一般提供によって、より多くの企業が、OpenAIの訓練した大規模言語モデル(LLM)を「Microsoft Azure」上で利用可能になる(ただし利用申請が必要)。こうしたLLMには、ChatGPTが使用している「GPT-3.5」や、簡潔なテキスト入力から画像を生成するAIである「DALL・E 2」、GitHubのAIペアプログラミングサービス「GitHub Copilot」の土台となっている、「GPT-3」をベースにした「OpenAI Codex」などがある。

Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏は、世界経済フォーラム(WEF)におけるThe Wall Street Journalの討論会で、人工知能(AI)の影響について尋ねられた際、あらゆるMicrosoft製品にAI機能が搭載されるようになるとし、「それに備える最善の方法は、このテクノロジーにあらがわないことだ。このテクノロジーはあなた方の仕事や業務プロセスを支援するものだ」と述べた。

Microsoftは2019年、OpenAIに10億ドルを投資した。OpenAIはその見返りとして、Microsoftの汎用人工知能(AGI)に向けた取り組みの一環である同社のスーパーコンピューティングテクノロジー「Azure AI」上にAIモデルを構築した。OpenAIは290億ドル(約3兆7200億円)という評価額で投資を募っており、Microsoftは290億ドルの企業価値に基づいて100億ドル(約1兆2800億円)分の株式の取得に向けて交渉中だと伝えられていた。ChatGPTが2022年11月に公開されてからほどなくして、OpenAIのCEOはChatGPTの応答にかかるコストが10セント(約13円)に満たないと述べていた。このチャットボットは公開後1週間を待たずして100万人のユーザーを獲得している。

MicrosoftのコーポレートバイスプレジデントであるEric Boyd氏は発表の中で、Microsoft Azureの顧客は近々、Azure OpenAI Serviceを通じてChatGPTにアクセスできるようになるとした。同氏によると、ChatGPTの推論モデルを訓練、実行する際には、Azure AIのインフラが用いられているという。

これに関連する動きとして、OpenAIはChatGPTのAPIをリリースすると発表した。ただし、利用希望者はウェイティングリストに登録しておく必要がある

Microsoftは2021年11月、Azure OpenAI Serviceを招待制で提供開始した。KPMGやMoveworks、Al Jazeeraなど複数の顧客が既にAzure OpenAI Serviceを利用しているという。

Microsoftによると、「Microsoft Power BI」は計算式や表現を生成する目的でGPT-3を既に活用しているという。また「Microsoft Designer」のAIによる画像生成でDALL・E 2も活用しているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

https://japan.zdnet.com/article/35198739/

Leave a Reply